ブーム到来!?新宿ゴールデン街のおすすめグルメ&ランチとマップ

新宿ゴールデン街とは、新宿区歌舞伎町1丁目にある、50年の歴史がある街です。

新宿ゴールデンのお店一覧マップ

通りごとに長屋状の建物が連なり、3坪ほどの狭い店がおよそ300店も密集しています。

新宿ゴールデン街を「怪しそう」「危なそう」「常連さんしかいなさそう」などディープな街のマイナスなイメージで近寄りがたいという方も多いと思います。

そこに今若者が殺到しているというんですが、いったい何が人気なんでしょうか?
人気のヒミツを調べてみました。

新宿ゴールデン街がミシュラン!?

「新宿ゴールデン街がミシュランを獲得している」というのはどういうことなのか…調べてみると、2009年にフランスの有名観光ガイドブック「ミシュラン日本版観光ガイド」で、「観光地」として2つ星の評価を獲得していました。
一時はゴーストタウン化していた新宿ゴールデン街ですが、夜の繁華街として奇跡の復活を遂げたようです。

ゴールデン街の噂はYouTubeや口コミ、海外のテレビ番組、ミシュランの旅行ガイドブックにも取り上げられたため、外国人の方も多く訪れています。
ハリウッドスターまで訪れているという噂もあり、タランティーノ監督も訪れて楽しんだこともあるとのこと。
ハリウッドスターも行く「新宿ゴールデン街」にはなにがあるのか?
どんなお店があるのか、さまざまな角度からお店を調べてみました。

新宿ゴールデン街初心者にオススメ

https://m.facebook.com/bistropavo/photos/a.2302244056503666/2302247486503323/?type=3&source=54&ref=page_internal
初心者の方にも行きやすいと有名なのは、『ビストロ パボ』です。
「お箸で食べられるビストロ料理」がテーマになっていて、
一人でも料理を楽しめるよう300円からの小皿料理があります。
お腹にたまるお肉料理は500円から。
さらにリゾットやパスタが800円からでお楽しみいただけるなど、お値段設定がお得になっています。

このお店の定番メニューを見ていくと…
●パテ・ド・カンパーニュ
●旬の野菜のニョッキグラタン
●JOE熱のあつあつメンチカツ
●イタリア産プロシュート生ハム
●いなだの昆布〆カルパッチョ風
●きのこのアヒージョ
●ラム肉のラザニア

変わった名前のメニューも気になりますが…
大人オシャレ女子にはたまらないメニューが並んでいるではありませんか!

店内の雰囲気はこじんまりとしていて、11席のアットホームでカジュアルなビストロ&バーで、インスタ映えも狙えそう!
営業時間は17時から24時と遅くまでやっているので、仕事帰りにも最適ですね。

ガッツリごはんを食べられるお店


続いて紹介するのは、『めしや あしあと』
こちらは少し「新宿ゴールデン街」のイメージとは違うかもしれません。
飲み歩きの店というよりは、ガッツリごはんを食べられるお店です。

和食を中心に提供されているお店ですが、事前に要望があれば、ラーメン・パスタ・カレー・ビーフシチューなど何でも作ります!と店主さんが意気込んでいらっしゃいます。

さらに好評であれば、そのままレギュラーメニュー化することもあるんだとか。

価格設定は200円~1500円と非常にリーズナブルなのが印象的で、お店で特に人気なのが海鮮丼(1500)や刺し身の盛り合わせ(1000円)で、ボリューム満点なのにこちらもお値段がリーズナブルなところがオススメです!

しかし席数はなんとたったの5席!おいしいご飯は競争率がかなり高そうです。

キャリア40年以上『しの』

最後に紹介するのは、キャリア40年以上の重鎮『しの』。
この街特有の、お客さん同士が近く、肩を擦り合わせるようにして、座るカウンター。そしてそのカウンターの上には、“ママ”の手造り大皿の料理が並んでいます。

カウンターの中には、若い女性を従えた“ママ”がいます。このママの人柄に惹き付けられ、いつもお客さんは満員です。
これだけお客さんに愛されているのはママの心配りと、笑顔!
やはり人がいいと、そこに人はよりつきますよね!

ただし、この店はゴールデン街に30年ほどのキャリアを持つママさんからの紹介制の店だそうで、行きたい方はまずゴールデン街通いが必要かも…

最後に

いかがだったでしょうか?新宿ゴールデン街にはまだまだ紹介しきれないお店がたくさんあります。
ぜひ一度だけではなく、何度も通って常連のお店を見つけてくださいね。