ハンプトンコートパレス 宮殿を徹底紹介!入場料・アクセスから駐車場有ナシも!

ハンプトンコートパレスと言えば、生涯で6人の妻を持ち、そのうちの2人を処刑にしたり、離婚をするために宗教改革をしたヘンリー8世の宮殿として有名です。その後、ウィリアム3世に受け継がれました。16世紀イギリス 貴族の豪華で贅沢な生活を味わったり、広大で美しいイングリッシュ・ガーデンでと色とりどりのお花を見ながらピクニックをしたり、迷路を楽しんだりして、家族みんなで素敵な1日が過ごせるおすすめの観光地です。

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー

ハンプトンコートパレス 宮殿の中も外も楽しい 必ず行きたい場所

・ヘンリー8世 グレートホール

ハンプトンコートパレスの入り口を抜けて、一番最初にある建物は、ヘンリー8世のアパートメントです。1番の見所は、何百人ものゲストが食事やワインを楽しんでいたグレートホール。見上げるほど高い天井、そのすぐ下にあるステンドグラスには威厳たっぷりで直立しているヘンリー8世の姿が見えます。ホールの壁には多数のタペストリーと鹿の頭が飾られています。このホールを抜けた後の廊下には、ヘンリー8世によって処刑されたキャサリンと、息子を出産した直後に死亡したジェーンの幽霊が現れると言われています。

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー

ウィリアム3世 豪華な壁画

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー
ウィリアム3世アパートメントの入口階段には、天井をも埋め尽くす美しい壁画を見ることができます。イタリア人・アントニオ・ヴェリオによって、アレキサンダー王がシーザーを打ち負かした場面が描かれました。また、繊細で細かく、美しい青色の階段の手すりは、フランス人・ジャン・ティジューによって作られました。この階段を登るだけで、16世紀のイギリス にタイムスリップしたかのような気分になれます。

色鮮やかな庭園でピクニックを

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー

 

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー

グレートファウンテンガーデンには、扇状に、大きくて丸い形の木や花が植えられています。その中心には優雅な噴水があります。その隣には、プリヴィ・ガーデンと呼ばれるまさにイングリッシュ・ガーデンそのものを表す素晴らしいデザインの庭も楽しめます。さらに歩き続けると、小さなポンドガーデンがあり、エンジェルと花が飾られているかわいらしい雰囲気の庭を見ることができます。その先には、イギリス で最も大きくて古いぶどうの木も植えられていて、当時の貴族がどれだけワインを愛し飲み続けていたかが想像できます。

家族の絆がより深まる迷路も

 

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー

 

長さ約800メートルの迷路を歩くと、あちらこちらから、”We came here again!(またここに来たよ)”や”I told you!(だから言ったでしょ)”という声が飛び交っています。一旦迷路を始めると、途中でリタイアすることはできないので喧嘩をせず、最後まで辛抱強く協力してゴールを目指しましょう。スムーズに行くと10分以内にゴールできます。

ハンプトンコートパレス 貴族から信頼されていた重要な職人とは!?

リッチモンド・アポン・テムズ・ハンプトンコートパレス 観光ツアー

当時の貴族がはまっていた飲み物は、チョコレートでした。ウィリアム3世アパートメントの1階には、チョコレート・キッチンがあるほどです。当時のチョコレートは贅沢な飲み物として王や貴族に飲まれていました。チョコレート職人の仕事は、毎朝、王のベッドルームにホットチョコレートのカップを持っていくことが大事な役目でした。ここでは、当時のチョコレート・キッチンを見学できます。当時の再現映像では、王自らがチョコレート・キッチンに出向き、味見をじっくりとしていました。とても楽しみだったのでしょう!
余談ですが、チョコレートは長年、食べ物ではなく、飲み物として楽しまれていたようです。食べ物として最初に登場したチョコレートは、飲料用のホットチョコレートで余ったカカオパウダーを無駄にしないために何かできないかという思いから開発されたそうです。私はハンプトンコートパレスを訪問後すぐに、チョコバーを食べていました!!

ハンプトンコートパレス 概要

入場料: 21.30 ポンド(日本語音声ガイド料金含む)
ロンドンからハンプトンコートパレスへの行き方:
電車で、ウォータルー駅からハンプトンコート駅まで約35分、約7ポンド
有料駐車場有り、トイレ有り

最後に

ハンプトンコートパレスの入り口で配布されている地図には、当日の無料のイベントやガイドが掲載されているので、お見逃しなく。入場料金には、日本語オーディオガイドも含まれているので、音声ガイド機も受け取ってください。お出かけするおすすめの時期は、美しい花が咲く4月から7月です。特に、庭園のチューリップと藤が綺麗な4月から5月に訪問することをおすすめします。朝は宮殿内をじっくりと見学して、お昼は庭園でお弁当を食べて、午後から庭園をお散歩したり迷路を楽しんだりしていたら、あっという間に丸1日が経ってしまっていました。家族みんな、ハンプトンコートパレスで、楽しいひと時をお過ごしください。