花岡真樹の顔写真やFacebookは?住所はどこ?10代少女2人も誘拐した手口とは!?

花岡真樹容疑者について


仕事:溶接工
住所:兵庫県相生市本郷
FacebookやTwitterは現在のところわかりませんでした!
しかし、わかり次第アップしていく予定です。ただ、ニュースでもう顔写真はでていますね。

どんな事件?

警察によりますと花岡容疑者は1月6日午前0時半頃、大阪府内に住む中学生の14歳と12歳の少女2人を兵庫県内の待ち合わせ場所から自宅マンションに、車で連れ帰り監禁した疑いが持たれています。

どうやって知り合ったの?

SNSで知り合ったとのこと。

取り調べでは?

「未成年と知っていた。家出したがっていることにつけこみ泊まらせてあげると言って誘惑した」
と容疑を認めています。

なんでわかったの?

少女二人の親から「子供がいなくなった」と南署に連絡があったとのこと。

警察は、防犯カメラの映像などから花岡真樹の自宅を特定
8日に二人の少女を保護。

「監禁容疑」で現行犯逮捕の後、容疑を未成年者誘拐に切り替えて逮捕とのこと。

初犯であれば実刑はなく執行猶予がつくのかも

「見つかるまで監禁しようと思っていた」とも言っているようで、めっちゃ怖いですよね!
二人の少女が何もされていないことを祈るばかりです。

誘拐で初犯で、しかも前科などがなければもしかしたら「執行猶予」がつくかもしれません。
少女にいたずらや暴行などをもししたとしたら、実刑の可能性もあるかもしれません。

過去の未成年誘拐事件

2019年12月に栃木県小山市内の自宅に小学6年生の少女を監禁した伊藤仁士容疑者が記憶に新しいですね。“父も妹も医者”というエリート一家に生まれているのでプレッシャーがあったのでしょうか。
引きこもりであだなは「幽霊」だったというから驚きです。

この伊藤仁士もSNSで少女と知り合ったとしていて、彼もまた、中学生、小学生の2人も少女を誘拐していたことになります。

誘拐された少女は、伊藤容疑者が寝ているところを自力で逃げて、近くの交番へ駆け込んだそうです。
しかもその時靴を履いておらず、雨の中靴下のみで逃げ出してきたそうです。

とくに体を傷ついた様子はないようですが、実際のところわかりませんしね。
少女のトラウマが心配です。誘拐・監禁の罪ですが、こちらも実刑かどうかわかりませんよね。

日本は治安はいいで、いきなり連れ去られるというのはあまりないですよね。
しかし、SNSで知り合ったとなると、もう親も止めようがない状態で本当に怖いですね。
普段から親子のコミュニケーションを欠かさないようにしなくてはなりませんね。